治療の伴う脱毛問題

治療医療用のかつらを使用しなければならないほど薄毛問題や脱毛問題に悩むというのは、特に抗がん剤治療をおこなった女性の場合でしょう。多くの方が知っている通り抗がん剤治療をおこなうと、しばらくしてから髪の毛が抜け始めてしまいます

髪の毛が抜けてしまうことだけでも女性として大きなショックですが、どんどんと抜けてしまう髪の毛の掃除など、コロコロなどを使っても結構大変で、脱毛が進んでいる最中はいろいろとストレスがあるものです。半月ほどでほとんどの毛が抜けてしまうケースが多いようですが、特に外出のときなどはその状態のままでは出かけにくいので、帽子やかつらを使用する人も多いのです。

かなり高額の本格的なフルウィッグもあれば、ちょっと出かける時に使用するような部分的なウィッグもあります。また夏場と冬場では頭皮の蒸れ方も違うので、使用するアイテムも違ってきます。かつらを使用する場合には汗取りや防臭シートなどを併用して使用することも大切です。最近ではこうした薄毛問題や抗がん剤治療後の脱毛で悩んでいる女性のための医療用のウィッグも充実してきていて、かなりオシャレなものも発売されるようになってきています。価格もさまざまでインターネットでもいろいろな種類のものが注文できるようになっています。

 

医療用かつらの勧め

抗がん剤治療などをおこなって髪の毛がほとんど抜けてしまった場合に、医療用かつらを使用することができます。かつらやウィッグと聞くと、不自然に見えてしまうのではないかと心配する人もいますが、最近の医療用かつらはかなりハイクオリティーなものが多く、ファッション性も高いものが増えてきています。正直本物の髪の毛と見分けがつかないレベルのものもたくさんありますので、しばらくの間外出用に使用するとしても、気にならない質感のものが多いのです。フルオーダー品であれば自分のイメージ通りのウィッグを作り上げることもできます。

かつらもちろん品質が高いものになるとそれだけ価格も高くなるのが普通ですが、女性にとって髪の毛が抜け落ちてしまって、それでも治療を続けている間というのは非常にストレスも大きいものですので、なるべく品質の良い医療用かつらを購入するのがオススメです

価格が安いものと高いものの違いというのはさまざまあります。例えば、医療用かつら販売の「ライツフォル」のサイトを参考にしますが、つむじ部分を非常に拘って作成しています。自然な肌色と質感で、まるで地肌から髪が生えているようなつむじを再現しています。どうしてもつむじや分け目などが不自然な雰囲気になってしまうものも多く、やはり細かな部分まで仕上がりの良い、そしてつけ心地も良い医療用ウィッグを購入することをすすめいたします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket